副作用が無いキャピキシル配合の育毛剤選び

育毛業界注目の成分 キャピキシル

 

キャピキシルが育毛剤の有効成分として大注目を集めています。実際に、キャピキシルを含んでいる育毛剤は多数あるのですが、それらが総じて高評価を受けているのです。

 

高い効果が期待できるわけですが、効果が期待できるとなれば気になってしまうのが副作用ですよね。
こちらではキャピキシル自体に副作用が起きてしまうことはあるのか、更にどんな育毛剤に含まれており、それらの中で最もおすすめのなのはどれなのか、といったことを解説しますね。
髪が生える育毛剤の選び方の参考にしてください。

 

 

キャピキシルには副作用が起こる心配はあるのか?

 

キャピキシル自体に副作用が起こる可能性はない!

 

キャピキシル配合の育毛剤で、頭皮の肌荒れなどが起こってしまった、ということはあるかもしれません。しかし、それはキャピキシルに問題があるわけではありません。
キャピキシルは非常に安全性が高い成分なので、副作用の報告が全くないのです。

 

仮にキャピキシル配合の育毛剤で問題があった場合には、キャピキシル以外の成分が問題を起こしている可能性が高いですよ。

 

キャピキシルはイソフラボン系

そもそも、キャピキシルは、イソフラボン系の成分が配合されたものです。植物のエキスは自然界にあるものです。我々のカラダに危険な作用をもたらすものではありません。そもそも、イソフラボンといえば大豆に含まれている成分ですよね。大豆製品を毎日食べて、アレルギーは別にしてなにか問題はあるでしょうか。

 

科学的な物質を含んでいるわけでもないのです。体内に悪い作用を与えてしまう可能性がないのは確かなことですが、お肌にトラブルを持ち込んでしまうことも考えられません。

 

 

ミノキシジルと同様の効果があるのであれば、副作用も同等ではないの?

 

ミノキシジルは発毛剤に使われている医薬成分です。
キャピキシルは、ミノキシジルの3倍もの育毛効果があると言われてい安す。そうなると、キャピキシルにはミノキシジルのように副作用が起こってしまうのではないか、と思ってしまうのも当然かもしれません。

 

しかし、ミノキシジルは元々が血圧降下剤なのです。高血圧の方を治すために作られた薬剤に増毛といった副作用があり、転用された歴史を持っています。

 

一方のキャピキシルに関しては、何も血圧降下剤として作られたわけではありません。
育毛のために作られている成分なのです。

 

効果は似通っているわけですが、作られた経緯が全く異なります。ですから、ミノキシジルとキャピキシルは似ているもの、と一緒くたに語ることはできません。

 

 

キャピキシル5%|濃度に問題はないの?

 

多くのキャピキシルを含んだ育毛剤は、濃度を5%としています。濃度的な問題はないのか、といったことですが、全く心配はありません。5%の濃度でも副作用の報告はないのです。

 

副作用の心配がないので、将来的には10%や15%のものが出てくるかもしれません。

 

 

 

 

キャピキシル配合の育毛剤にはどんなものがあるの?

 

キャピキシル配合の育毛剤

 

上記の3つの育毛剤が、キャピキシル配合として大きな注目を集めています。
3つの育毛剤を比較してみましょう。

 

 

3つの育毛剤の同じ部分とは?

 

キャピキシルが5%含まれているところです。配合量に関しては、基本的にどの育毛剤も一緒なので、ここでは全くの差がつきません。

 

ですから、3つのうちでどれを選ぼうか考えている場合には、その他の成分に目を向けてチェックしなければなりません。

 

 

 

3つの育毛剤の違う部分とは?

 

Deeper3D

成長因子の配合に違いがあります。
もっとも、多く含んでいるのがDeeper3Dです。

 

育毛剤の中で最も注目すべき成分であるのが、「キャピキシル」であることは間違いありません。
その次に注目すべきなのが「成長因子」(グロースファクター)なのです。

 

成長因子には、毛母細胞を活性化する働きが認められています。AGAなどで薄毛が発症すると、我々の毛母細胞は機能停止に近い状態になってしまうのです。今までは太くて長い髪の毛を発毛させていたのに、産毛しか生産しなくなるわけですから、休眠状態と言っても間違いありません。

 

そんな、だらけている毛母細胞を起こしてくれる機能を持っているのが成長因子なのです。
成長因子が作用した毛母細胞は機能が復活します。今までよりも、太い髪の毛になったり、長い髪の毛が生成されるようになって、薄毛が改善する、といった状況が生まれます。

 

ザスカルプ5.0c

Deeper3D以外では、ザスカルプ5.0cにも成長因子が含まれています。

 

しかし、

 

Deeper3Dに含まれる成長因子の数・・・8種類
ザスカルプ5.0cに含まれる成長因子の数・・・3種類

 

といった大きな差があるのです。

 

deeper3Dを使った効果について書かれているサイトはこちら

 

 

 

プラセンタにも違いがある!

 

Deeper3Dに含まれるプラセンタ・・・馬プラセンタ
ザスカルプ5.0cに含まれるプラセンタ・・・発酵プラセンタ

 

発酵プラセンタが悪いわけではありませんが、馬プラセンタはプラセンタの中でも最強との呼び声が高いのです。
馬は、人間と同じように基本的に1頭ずつ産みますよね。
ほかの豚プラセンタなどと比べると、条件が人間に近いわけです。

 

だからこそ、より高い効果が期待出来ます。

 

 

3つのうち最もおすすめな育毛剤はどれ?

 

Deeper3D

Deeper3Dです。

 

キャピキシルの配合量は一緒ですが、

 

「成長因子の数」
「プラセンタの質」

 

以上の2点でほかの育毛剤を凌駕しています。

 

ミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われるキャピキシルを配合する育毛剤の中では、Deeper3Dが最もオススメできる育毛剤です。

 

 

 

Deeper3D